居抜きオフィスとはどのようなものなのか

街の中には様々な建物が建っていて、特にオフィス街と呼ばれるような場所には文字通り会社の事務所や営業所が多く存在しています。実際に会社を立ち上げようと考えている人であれば1度はそうした所にオフィスを持ちたいと考えるのではないでしょうか。しかし、オフィスも不動産屋が取り扱う賃貸物件であることがほとんどですので、駅に近いというような好立地のオフィスでは賃料が数十万円、規模によっては百万円単位になることもあります。新規事業の拠点を探す際にはこの賃料が非常に悩ましい問題にもなり、何とか経営費のコストダウンができないかと誰もが知恵を絞ります。そうしたニーズに応えているのが居抜きオフィスと呼ばれる物件ですが、通常のオフィスとどのような違いがあるのでしょうか。

コストが抑えられる居抜きオフィスとは

起業するとき、新規事業を立ち上げるとき等にはその立ち上げ費用をできるだけ抑えて余裕のあるスタートを切りたいものです。居抜きオフィスはそうした人達にニーズがありますが、例えば50坪程度のオフィスにデスクや受け付けカウンター、給湯設備やお客さんの対応設備などをレイアウトしたとします。その企業がオフィスから出るとやがては別の企業が入りますが、その際に同じようなレイアウトをしたとしたら出る側・入る側どちらにとってもそこにかかる費用は無駄になります。それならばレイアウトをそのままの残して次の企業が入ったときにそのまま使えるようにしておいた方が、退去コストも入居コストも最小限に抑えることができます。入居側は問題のある所だけ手出しすれば良いので、レイアウトを考える必要もありません。このように素早く入居できてコストも抑えられるのが居抜きオフィスです。

入居側にとっての居抜きオフィスの魅力と探し方

新しく拠点を持つにあたってコストを抑えられるだけが居抜きオフィスのメリットではありません。例えば前の企業がリゾート風のレイアウトをしていたとしたら、入居側はそれをそのまま使えることになります。オフィスに新しさを取り入れたい、従業員が気持ち良く働けるようなオフィスが欲しいというような人には最適ではないでしょうか。また、既存企業の地域進出などの為にサンプル的な事業展開を行う際の拠点としても、デスクなどを揃える必要がないので手間がかかりません。居抜きオフィスを見つけることで素早い事業展開も可能でしょう。居抜きオフィスを見つけるのは難しいことではありません。インターネットで検索すれば出てきますし街の不動産屋でも取り扱っています。ただ、遠方の進出先で探すというわけにもいきませんので、近場ではない限りインターネットで様々なサイトを閲覧して最適な物件を探すという方法が簡単で良いのではないでしょうか。

つながるオフィスを利用いただくためには利用料などは頂きません。 物件の登録には通常の仲介手数料が発生します 居抜きで入りたい企業様にサイト経由で物件を見ていただけて、探す時間や手間を大幅カット オフィス移転の際にかかる多額のコストを居抜きオフィス移転で大幅コストダウン! TSUNAGARU OFFICEではオシャレなオフィスの募集が多数! 是非チェックしてください 居抜きオフィスの物件情報は【つながるオフィス】へ