居抜きオフィスはどこで探せばいいか

日本には、様々なオフィス物件があります。新しく起業したり、事業が大きくなって新しいオフィスを探している人は少なくありません。ここ数年で人気が高まっているオフィス形態のひとつが、居抜きオフィスです。居抜きオフィスというのは、前にオフィスを借りていた賃借人の内装や設備を、そのまま市場に流通させたオフィスのことです。日本では、広めの物件以外は、ほとんどのオフィスビルで化粧室や給湯室、防火設備、避難口、廊下などがほぼ同様のレイアウトになります。そのため、オフィスの内装を使い回し、利用できるものであれば再利用するというシステムを作り、解体せずにそのままの状態で流通させたオフィスが登場したのです。居抜きオフィスに入居する企業にとっては、内装工事のコストを削減することができるので、人気が高まっているのです。

便利な居抜きオフィスを探している人は多いです

ある企業がオフィスの内装や設備、什器などを残したまま退去し、次の企業がそのまま入居するスタイルは、大きな話題となり、様々なメディアでも取り上げられています。最近は、内装の工事費や原状回復の費用が高騰しています。日本では、多くの企業が無駄な出費を減らそうと努力しています。特にベンチャー企業やスタートしたばかりという企業の場合、居抜きオフィスに移転する傾向があります。成長と事業拡張を続けているベンチャー企業は、移転するペースがはやいのが特徴です。ベンチャー企業の中には、1年から2年で新しいオフィスへ移る企業も少なくありません。移転する場合、退去する時に原状回復費用がかかり、入居する時には内装費用がかかります。オフィス移転のコストをかけたくない経営者が増えたことが、居抜き物件の人気が高まった要因でもあります。

居抜きオフィスを探すにはどうしたらよいか

居抜きによる移転は、居抜き退去であれば、退去費用はほとんどかかりません。オフィスを移転する頻度が高い成長企業の場合、移転コストを削減し、人材の採用に資金を回す企業も多いです。居抜きオフィスは、とても人気があり、利用したいと思っている人は多いです。最近は、オフィス移転の仲介を手掛ける企業も増えています。入居企業と退去企業のマッチングサイトも登場し、注目を集めています。居抜き退去する企業と、退去した後にそのまま入居したい企業のマッチングは、とても合理的です。会員制で、居抜き移転情報を得ることができ、登録も居抜き物件を見るのも無料なので、多くの人が利用しています。公式ホームページを見れば、新着居抜き物件が一目でわかり、とても便利です。オフィス移転に関する相談も、ホームページのフォームから送ることができます。