居抜きオフィスを利用するメリット

オフィス移転を考えていらっしゃる方ですと、様々な物件をインターネットで調べたり、実際、物件に足を運んで確かめたりされていることでしょう。できれば、もっと立地の良い場所に移転したい、もっとスペースに余裕のあるオフィスにしたいと思われている皆さん、「居抜きオフィス」という物件をご存知でしょうか?今までは、飲食店などの居抜き店舗は、よく見かけましたが、最近では、居抜きオフィスもそれなりに見かけることが出てきました。居抜きオフィスは、店舗の場合と同じく、前に借りた人が残した状態そのままで借り、出ていく場合も、特に原状回復せずに出ていくことのできる物件です。実は、この居抜きオフィス、借りる場合にも、出ていく場合にも、様々なメリットがあります。その点について考えてみましょう。

居抜きオフィスを借りる時のメリット

居抜きオフィスを借りる時のメリットはたくさんあります。通常のオフィス移転ですと、白紙の状態から、設備を購入して、内装をするところから始めなければなりません。ですが、居抜きオフィスですと、その設備と内装は設置済みですから、そのままの状態で満足であれば、設備・内装費用が必要なくなります。ですので、自分たちに必要な設備増減や内装のみに費用をかければよいということになります。それで、通常のオフィス移転の場合に比べて、初期投資コストがかなり抑えられますので、少し家賃が高くなったとしても、立地の良い場所やスペースが広めの物件を検討することができる余裕が生まれます。また、内装工事の時間も短縮できますので、オフィスを契約してから実際の入居までの日数を短縮することもできます。

居抜きオフィスを出ていく時のメリット

オフィスを移転するのは、力のいることです。通常のオフィス退去の場合に、意外に忘れてしまうのが、原状回復工事費用です。こちらの工事費用は、考えているほど安いものでない場合が多いものです。調査によりますと、坪当たり3万円は下らないという結果も出ていますので、頭の痛い出費です。居抜きオフィスであれば、この点を心配する必要がありませんし、原状回復工事の見積もりについて交渉しなければならないという手間も省けます。また、内装工事をして、それほど時間が経っておらず、次の方も十分に使っていただけるのにと、もったいない感覚になることもありません。つまり、移動先のことを考えながら、今までのオフィスについても考えなければならないということを、しなくてよいのがメリットと言えます。